• HOME
  • 通信教育QA:7水質概論

通信教育QA:7水質概論

第1章 水質汚濁防止法

Lesson2 定義

規制制の対象となる生活排水について

Q全文:くみ取り便槽、単独浄化槽の家庭から排出される生活雑排水が水路に排出された場合、規制の対象になるのでしょうか?健康項目、生活環境項目に値するのでしょうか?

A答え:生活排水対策は、排出水や特定地下浸透水とは全く違った手法によって規制されています。まず、排水基準の適用がないため、健康項目や生活環境項目(Lesson4)とは無縁です。総量規制(Lesson5)とも関係ありません。
排水基準は、特定施設を持つ事業場の敷地境界から公共水域へ排出される水に対して適用されるものですが、生活排水対策は面的な手法によるもので、個別の家庭に対する規制はありません(Lesson9)。具体的には流域下水道の整備や合併浄化槽の設置が進められています。
 

Lesson3 特定施設

法規制対象となる施設(特定施設)の要件とは?
  • Q全文:水質汚濁防止法において特定施設となる具体的な要件とは何ですか?


A答え:端的に解説すると、水質汚濁防止法施行令別表第1に掲げる施設=特定施設となるのですが、順を追って説明していきます。水質汚濁防止法第2条第2項に、「この法律において「特定施設」とは、次の各号のいずれかの要件を備える汚水又は廃液を排出する施設で政令※1で定めるものをいう。」とあり、ふたつの要件が示されています。
 1.カドミウムその他の人の健康に係る被害を生ずるおそれがある物質として政令※2で定める物質(以下「有害物質」という。)を含むこと。
 2.化学的酸素要求量その他の水の汚染状態(熱によるものを含み、前号に規定する物質によるものを除く。)を示す項目として政令※3で定める項目に関し、生活環境に係る被害を生ずるおそれがある程度のものであること。

 3つの政令が出てきましたので、次に政令(水質汚濁防止法施行令を指します)を見ていくと、政令※2は施行令第2条、政令※3は施行令第3条となり、ここに具体的な物質名と汚染状態が列挙されています。この要件に該当する施設を明示しているのが、政令※1(施行令第1条)を受けた施行令別表1になるということです。
 法律を学ぶには、実際の条文を常に参照しながら見ることが効果的です。最初は面倒に思えるかもしれませんが、慣れるとより理解が深まると思います。

【参照】水質概論資料集『水質関係法令』/水質汚濁防止法第2条第2項、施行令第2条、第3条、別表1

Lesson4 排水基準

「水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物」と「アルキル水銀化合物」の違いは何?
  • Q全文:「水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物」と「アルキル水銀化合物」の一律排水基準の違いは何ですか?

A答え:「水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物」は、環境基準項目の「総水銀」に対応する項目です。これはアルキル水銀を含んだ複数の水銀化合物を対象としたものです。水俣病の原因ともなり、人体に吸収されやすく有害性の高い「アルキル水銀」については、“検出されないこと”とされており、「水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物」よりも厳しい基準値設定となっています。

【参照】水質概論資料集『水質関係法令』/排水基準を定める省令
 
排水基準の日間平均とは?
  • Q全文:生活環境項目における排水基準の日間平均とは、24時間連続計測した値の平均値ですか?

A答え:水質汚濁防止法の排水基準では、日間平均値による規制は、BOD、COD、SSなどの項目で用いられています。1日の操業時間内において排出水を3回以上測定した結果の平均値を「1日の排出水の平均的な汚染状態=日間平均値」として取り扱っています。
 ※日間平均値のある項目は、日間平均値と最大値の両建ての規制となっており、排水水質の日間変動を考慮し、最大値は日間平均値より高い値(約30%~増)となっています。

 【参照】通信教育テキスト『水質概論』/Lesson3 知識強化のための補足
       水質概論資料集『水質関係法令』/排水基準を定める省令
 

Lesson5 総量規制

「指定地域」とは何か?
  • Q全文:水質総量規制「指定地域」とは、具体的にどこの地域を指していますか?

A答え:まず、水質総量規制制度では、排水基準のみでは環境基準の達成が困難な地域として、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海(大阪湾含む)を指定水域として定めています(具体的には水質汚濁防止法施行令第4条の2の表に掲げられた水域を指します)。
指定地域とは、その指定水域に流入する河川等の流域を指し、水質汚濁防止法施行令別表第2において、埼玉県川越市(東京湾に流入する河川をかかえる)や大分県大分市(瀬戸内海に流入する河川をかかえる)等が指定されています。

  QA7-5_1.png
  ※総量規制対象地域=指定地域
【参照】水質汚濁防止法施行令(別表第2)

Lesson7 特定地下浸透水/構造基準等

「浄化基準」とは?
  • Q全文:浄化基準とは何に係る規制でしょうか?基準値を超過した場合の罰則はありますか?

A答え:「浄化基準」は地下水の水質浄化に係る措置命令に係る判定基準として使われます。特定事業場、有害物質貯蔵指定事業場において、有害物質に該当する物質を含む水の地下への浸透があったことにより、人への健康被害が生じる又は生じるおそれがある場合、都道府県知事等は事業場の設置者等に対して、この「浄化基準」を(飲用井戸の取水口等において)満たすように、地下水の水質の浄化のための措置を取るように命ずることができるとされており、基準値超過自体に罰則はありませんが、浄化措置命令に従わなかった場合は罰則の対象となります。

【参照】水質概論資料集『水質関係法令』/水質汚濁防止法第14条の3、施行規則第9条の3(別表第2)、水質汚濁防止法第30条(罰則)
 

Lesson10 汚濁状況の監視/雑則

「排出水を排出する者を除く」の意味は?
  • Q全文:水質汚濁防止法第22条第2項において、環境大臣又は都道府県知事が報告を求める対象について、カッコ書きで“(排出水を排出する者を除く。)”とあるが、なぜ除外されるのでしょうか?《過去問題にチャレンジより》
A答え:第22条は、環境大臣又は都道府県知事が、事業場の設置者等に対し汚染状況等の報告を求めることが出来ること等が定められた条項です。第1項をまず見てみると、「特定事業場」と「有害物質貯蔵施設」の設置者等を対象として、報告を求めるとともに立入検査ができる旨が定められています。ここですでに「特定事業場(排出水を排出する者)」に言及されており、第2項では、総量規制に関し特定事業場にあたらない(排出水を排出しない)事業場に対し報告を求めることができるとしている規定であるため、第1項と第2項での重複をさけるためのカッコ書きです。排出水を排出する者が報告を求める対象から外れているわけではありません。

【参照】水質概論資料集『水質関係法令』/水質汚濁防止法第22条
 

 

第3章 環境基準

Lesson13 水質関係の環境基準

全シアンの環境基準はなぜ最高値?
  • Q全文:「人の健康の保護に関する環境基準」のうち、全シアンのみ最高値とするとなっている。他の項目が年間平均値のところ、全シアンのみ最高値としている理由は何ですか?
A答え:年間平均値で評価される物質は、長期間の蓄積によって慢性的な影響が現れる物質です。対象となっている多くの項目がこのような慢性毒性を示す物質です。反対に、シアン化合物は急性毒性をもつ物質のため、瞬間的な濃度が問題となります。そのため毒性の評価は最高値で行われます。

 【参照】水質概論資料集『水質関係法令』/水質汚濁に係る環境基準について
 
同じ類型なのに基準値・指針値が異なるのはなぜ?
  • Q全文:水生生物の保全に関する要監視項目の指針値が河川と湖沼及び海域で違うのはなぜですか?
A答え:生活環境項目(「水生生物の生息状況の適応性」を含む)の基準値を設定する場合、類型、つまりその水資源を何の目的に使用するのかを区分した上で基準値を設定するため、値が違ってきます。同じ類型で表記されているのに、なぜ、「河川及び湖沼」と「海域」で基準値(指針値)が異なるのかというと、これは「河川及び湖沼」の生物Aと「海域」の生物Aは違う類型だと考えると分かりやすいと思います。淡水域と海域では生息する生物種が全く異なります。食物連鎖の組み合わせも異なりますので、それらを総合的に評価して適正な値が設定されているためです。

 【参照】水質概論資料集『水質関係法令』/水質汚濁に係る環境基準について
 
同じ類型なのに基準値・指針値が異なるのはなぜ?
  • Q全文:水生生物の保全に関する要監視項目の指針値が河川と湖沼及び海域で違うのはなぜですか?
A答え:生活環境項目(「水生生物の生息状況の適応性」を含む)の基準値を設定する場合、類型、つまりその水資源を何の目的に使用するのかを区分した上で基準値を設定するため、値が違ってきます。同じ類型で表記されているのに、なぜ、「河川及び湖沼」と「海域」で基準値(指針値)が異なるのかというと、これは「河川及び湖沼」の生物Aと「海域」の生物Aは違う類型だと考えると分かりやすいと思います。淡水域と海域では生息する生物種が全く異なります。食物連鎖の組み合わせも異なりますので、それらを総合的に評価して適正な値が設定されているためです。

 【参照】水質概論資料集『水質関係法令』/水質汚濁に係る環境基準について
 

第5章 水質汚濁と発生源

Lesson16 原因物質と水質指標

DOとBODの関係性について
  • Q全文:DO(溶存酸素)とは何か?BODとはどのような関係でしょうか?
     
A答え:溶存酸素とは水中に溶けている酸素のことです。BODとは、水中の好気性微生物によって消費される溶存酸素の量を言います。水中の有機物(=栄養分)が多いほど微生物が活発に活動するため、溶存酸素はたくさん使われます。BODは、有機(物)汚濁の指標として使われるものですが、直接有機物量を測定するのではなく、微生物により消費され失われる溶存酸素量によって、水中にどれだけ有機物があるか推し量るものです。
 

 

第6章 水質汚濁機構

Lesson22 海域

感潮河川とは何か?
  • Q全文:「感潮河川」とは、どんな河川のことを指しているのですか?
     
A答え:感潮河川とは、海の潮位変化により影響を受ける構造の河川を指します。
※河口部の水深が浅い場合には河口部に広い干潟が形成される場合もあります。河口部自体がエスチャリーとなって海に開けている構造です。

【参照】河川用語集(国土交通省 国土技術政策総合研究所)
 

ページの先頭へ戻る