【規制対応Ⅰ-3-2】半日でわかる技術文書の作り方 『中国RoHS(II)管理規則の求める順法証明について』

seminartop15-RoHS-china2.png

  • b3.PNG
  • b1.PNG
  • b2.PNG
  • b4.PNG
  • b5.PNG

開催概要(2019年度)

中国RoHS(II)管理規則の「制限使用製品目録」の第1次リスト(12品目)が2018年3月に告示され、2019年3月に施行されました。
中国RoHS(II)管理規則は、部門規章であり、上位法や関連法が多く、さらに国家及び業界標準を多く引用しています。本講座では、中国RoHS(II)管理規則の求める順法証明のための技術文書の構成を解説します。

プログラム

時 間  10:00(開講)~17:00(終了予定)(受付開始:9:45~)
プログラム

I 基礎編
 1.中国の仕組み
 2.摘発事例
II RoHS(II)管理規則の関連法規制
 1.中華人民共和国環境保護法
 2.清潔生産促進法
 3.機電製品輸入管理弁法 等
III RoHS(II)管理規則の要求事項と関連規格
 1.逐条解説 第1条~第19条
 2.FAQ及び規格による補説
 3.第2段階規制、制限使用目録
 4.実施規則
IV RoHS(II)管理規則が要求する技術文書
 1.GB/T 36560-2018の要求とEN50581-2012の関連
 2.企業電子電気製品汚染制御適合性声明規範
 3.CAS規格としてのGB/T31274-2014
 4.技術文書の記載事例
 Q&A

講 師  松浦徹也
(一般社団法人産業環境管理協会 技術参与/一般社団法人東京環境経営研究所
 理事長/技術士・中小企業診断士・環境計量士)

※内容は変更する場合がございます。
 

開催日/会 場

  【東京会場】
日 程
会 場
9日24日(火)【終了】
TKP神田駅前ビジネスセンター5D
千代田区鍛冶町2-2-1三井住友銀行神田駅前ビル5階

map_tokyo.bmp
※JR神田駅南口または東口から徒歩2分(今川橋交差点方面)

  【大阪会場】
日 程 会 場
10月29日(火) おおきに南船場ビル(旧麻綱ビル)1階 会議室
大阪府大阪市中央区南船場3丁目2-22
ookini-bldg.png
※大阪市営御堂筋線心斎橋駅1番出口より徒歩5分

受 講 料

  一 般 会 員※1
受講料(税抜) 20,000円 15,000円

受講申込

インターネット申込み(決済方法:銀行振込/pay-easy決済)

H_apply_bottun.gif『開催スケジュール/会場について(インターネット申込)』はこちら

パンフレット・FAX申込書

btn_panph_orderform.gif

関連セミナー・コンテンツ

H28refresh-bottom_banner.png

ページの先頭へ戻る