【管理体制Ⅰ】評価する側から見た化学物質管理のポイント

seminartop02-hyouka3.png

  • b3.PNG
  • b1.PNG
  • b2.PNG
  • b4.PNG
  • b5.PNG

開催概要(2019年度)

製品含有化学物質の管理体制は自社や取引先の業種業態によって異なりますが、土台となる考え方は同じです。川下企業から見ると、製品含有化学物質管理に企業規模は関係ありません。自社の品種等により、要求範囲が変わりますので、その対応が自社でできるようにすることが大切です。

《内容》seminartop02-hyouka_sample1.png
このセミナーは、製品含有化学物質管理ガイドライン第4版で求めている内容を川下視線で解説したものです。講師は過去に見聞きした様々な事故事例からエンドユーザーが重きを置いているポイントを中心に、何ができていて何が足りないか、担当者がより適切に体制評価を行う上で何を見てどのように判断していくのか、適切に運用できているか等、手順とノウハウをわかりやすく解説します。内部監査員や取引先の監査を行う場合を想定して受講いただくとより理解が進むと思います。
「自社の管理体制を見直したい」、「より適切な製品含有化学物質管理のための内部監査員を教育したい」、『取引先の評価・指導』と考えている企業の方にお勧めです。

プログラム/講師

時 間  10:00(開講)~17:00(終了予定)(受付開始:9:45~)
 *試験時間1時間を含む
プログラム
  1. 製品含有化学物質管理ガイドラインの解説
  2. 製品含有化学物質管理ガイドラインに基づく社内体制の構築について
  3. 事故事例から見た管理のポイント

    ※セミナー受講者には受講証明書を発行します。また、希望者にはセミナーの最後に試験を実施します。合格された方にのみ後日合格証を発行します。
講 師  新井 恒隆(株式会社環境化学研究所 取締役 シニアコンサルタント)

※内容は変更する場合がございます。
 

開催日時/会 場

 【東京会場】
日 程 会 場
5月28日(火)【終了】 (一社)産業環境管理協会 6階会議室
千代田区鍛冶町2-2-1三井住友銀行神田駅前ビル6階
map_tokyo.bmp
※JR神田駅南口または東口から徒歩2分(今川橋交差点方面)
11月13日(水)
2020年 2月6日(木)
 【大阪会場】
 日 程 会 場
6月20日(木)【終了】 おおきに南船場ビル(旧麻綱ビル)1階 会議室
大阪府大阪市中央区南船場3丁目2-22
ookini-bldg.png
※大阪市営御堂筋線心斎橋駅1番出口より徒歩5分
10月17日(木)
2020年 2月7日(金)

受 講 料

  一 般 会 員※1
受講料(税抜) 34,000円 27,000円

受講申込

インターネット申込み(決済方法:銀行振込/pay-easy決済)

H_apply_bottun.gif『開催スケジュール/会場について(インターネット申込)』はこちら

パンフレット・FAX申込書

btn_panph_orderform.gif

H28refresh-bottom_banner.png

ページの先頭へ戻る