JIS K 0102シリーズ 工業用水・工場排水試験方法改正説明会

img_main-jisk0102_2024.png

新たに導入された試験方法をわかりやすく解説!

説明会概要

環境基準や排水基準の検定法として採用されているJIS K 0102工場排水試験方法がJIS K 0101工業用水試験方法と統合し、新たにJIS K 0102工業用水・工場排水試験方法シリーズが順次制定されています。今回は新たに有機物の測定項目(フェノール類及びp-クレゾール類、界面活性剤、農薬)を網羅したJIS K 0102-4 第4部:有機物が制定されましたので、説明会を開催いたします。JIS原案作成委員を講師に迎え規格の構成、旧規格との比較、新たに導入した方法などを中心に解説します

当協会は、JIS K 0102工業用水・工場排水試験方法シリーズの原案作成団体としてJIS K 0102-4を策定しました。

説明会のポイント

  • 新JIS K 0102シリーズの環境省検定法への採用予定について
  • フェノール類の前処理である蒸留操作について
  • 界面活性剤のLC-MS/MSを用いたLAS測定法の導入について
  • 有機りん農薬4種類を同時分析する方法の導入について

新JIS K 0102シリーズ 5分冊の制定状況

  • 第1部:一般理化学試験方法(R3年5月発行済)
  • 第2部:陰イオン類、アンモニウムイオン、有機体窒素、全窒素及び全りん(R4年10月発行済)
  • 第3部:金属(R4年10月発行済)
  • 第4部:有機物(R6年7月発行予定)
  • 第5部:微生物及び生物学的影響(R6年秋ごろ発行予定)

プログラム

時間:13:30(開講)~16:20(終了) ※プログラムは都合により変更の可能性がございます。

プログラム
事務局からのご案内  
【序  論】
 新JIS K 0102工業用水・工場排水
 試験方法シリーズの制定状況と環境省検定法への採用について
 講師:大野香代【(一社)産業環境管理協会 JIS K 0102シリーズ原案作成団体事務局】  
【第1講義】
 JIS K 0102-4のフェノール類及びp-クレゾール類項目の解説
 講師:中村栄子国立大学法人横浜国立大学 名誉教授】
休憩
【第2講義】
 JIS K 0102-4の界面活性剤及び農薬項目の説明
 講師:田尾博明国立研究開発法人産業技術総合研究所 名誉リサーチャー】
全体質疑応答

開催日時・開催形式

開催日時


2024年925日() 13:30~16:20
オンライン形式(ライブ配信)

※Webexによるライブ配信
※接続開始時間は13:00~予定

受講料

  一 般 会 員
受講料
(税込10%)
16,500円 11,550円

申込み方法等

「お申込みから受講までの流れ」

  1. 下記「お申込みボタン」をクリックし、ご希望の商品をカートに入れ、必要情報(ご住所等)をご入力のうえお申込みください。FAXでの申込みは下記のFAX申込書をご利用ください。
  2. お支払い方法として銀行振込を選択された場合、もしくはFAX申込書でお申込みされた場合は、請求書をご登録の住所へお送りさせていただきますので、到着後にお支払い手続きをお願いいたします。ペイジー・コンビニ決済を選択された場合は画面の指示に従って支払い手続きを進めてください。
  3. 入金確認後、電子メールにてWebexミーティングURLをお送りいたします。
    ※WebexミーティングURL及び資料の案内は開催の1週間前を予定しております。
  4. 当日WebexミーティングURLにアクセスして講義をご視聴ください。

btn_weborder_05.png

《お支払方法》
 ●銀行振込  ●Pay-easy(ペイジー)・コンビニ決済 お支払い方法の詳細

 パンフレット/FAX申込書

JISK0102_OMOTE.PNGJISK0102_URA.PNG

お問合せ先

一般社団法人産業環境管理協会 人材育成・出版センター
 
電話:03-3528-8151(直通) FAX:03-3528-8164     E-mail:kenshu(at)jemai.or.jp

ページの先頭へ戻る