その道のプロに学ぶ事故・労災防止セミナー (後援:中央労働災害防止協会)

koushu-top_201901.png

講師プロフィール

2018_handa.png半田 安(はんだやすし)

1950年、神奈川県生まれ。千葉県にある石油化学工場で保全・設計・建設・技術管理に永年従事。 2006年より千葉県茂原市に同社技術研修センターを立ち上げ、初代所長に就任。訓練用プラントや実習体験型設備などを活用し、高度な安全技術を身に着けた次世代の化学プラント運転員を育成。国内外の約50年間数千件の化学プラントを中心にした事故事例を自らキーワードで整理し、平易に体系的に学べる事故防止の安全教材を整備。「自らの知恵や経験を次世代に残したい」という情熱と、分かりやすい講義や教材には、化学以外の業種の聴講者からも定評がある。保安防災や安全教育のプロフェッショナル。

ホームページhttp://handa.jpn.org/1/index.html

1日講義セミナー 【5コース開催】

201901F02.png201901a.png201901B2.png201901C.png201901d2.png201901E.png

セミナーの概要


201902A4.png

概 要

事故にはパターンがあります。講師が整理した50年間数千件の実際の事業所事故の事例から、要因と教訓を系統的に学びます。他山の石に学び、企業の存続を脅かしかねない事業所事故を防ぐヒントが見つかります。

こんな関心をお持ちの方にお薦め!kega01.jpg

  • 過去に起こった事例と教訓を学びたい。
  • なぜ事故が起こるのか、人、モノ、設備がそれぞれ事故にどうつながるのか、知りたい。
  • 職場の危険源を洗い出す目を養いたい。 
  • 故意に体験することが出来ない「事故」の事例を知りたい。

プログラム

時 間  1日研修 10:00~16:00(受付時間 9:30~)(終了)
プログラム
  • 1)事故にはパターンがある
  • 2)人が原因で起きる事故
  • 3)設備(機械)が原因で起きる事故
  • 4)物質の危険性で起きる事故
  • 5)事故はなぜ起きるのか(まとめ)

開催日程・会場

日程 会場
2019年 6月21日(金)

(一社)産業環境管理協会 AB会議室
〔東京都千代田区鍛冶町2-2-1三井住友銀行神田駅前ビル6F〕

5map_sankankyo6ab.bmp

※JR神田駅南口または東口から徒歩2分(今川橋交差点方面)


▲▲TOP(1日講義セミナー)へ戻る

201902B4.png


概 要

労働災害のパターンは、墜落・落下、はさまれ・巻き込まれ、有害物等との接触など、21に分類されています。作業者・安全管理者の注意点、機械・設備、薬品・可燃物の扱い方など、人とそれを取り巻く労災リスクと防止のポイントを豊富な事例とキーワードで学びます2016_pipeaccsiden.jpg

こんな関心をお持ちの方にお薦め!

  • 労働災害の過去に起こった事例と教訓を学びたい。
  • なぜ労働災害が起こるのか、潜在危険が災害にどうつながるのか、知りたい。
  • 安全を担当しているが、労働災害を未然に防ぐポイントは何かを学びたい。
  • 職場の危険源を洗い出す目を養いたい。
  • 労働災害について体系的に基本から学びたい。
時 間  1日研修 10:00~16:00(受付時間 9:30~)(終了)
プログラム
  • 1)墜落・転落、転倒、激突、飛来・落下等
  • 2)挟まれ、巻き込まれ、切る・こすれ、踏み抜き、おぼれ
  • 3)高温・低温物との接触、薬傷、酸欠、中毒
  • 4)感電、無理な動作、熱中症
  • 5)労働災害を防ぐには(まとめ)

開催日程・会場

日程 会場
2019年 8月23日(金)

TKP神田ビジネスセンターANNEXカンファレンスルーム8A(会場が変わりました。)
〔東京都千代田区神田美土代町1 住友商事美土代ビル8F


map_TKPkanda_ANNEX.jpg

※JR神田駅徒歩7分東京メトロ神田駅北口徒歩7分、都営新宿線小川町駅・東京メトロ丸の内線淡路町駅・新御茶ノ水駅出口B6徒歩2分



201902C.png


概 要

団塊世代の退職が進む中、製造技術と共に、安全管理、危険管理、緊急対応時(地震、停電等)の技術伝承が欠かせません。事故や労災を起こさないために、また起こってから慌てないために、普段から後継世代を育成し、訓練を施すことが必要です。講師の豊富な工場経験から、作業員教育や人材育成のコツを伝授します。picture_futaride.jpg

こんな関心をお持ちの方にお薦め!

  • 万一の時に慌てず適切に動けるようになりたい、そのためのノウハウを知りたい。
  • 効果的な教育訓練を学び、職場で生かしたい。
  • 次世代への技術伝承のコツをつかみたい。

プログラム

時 間  2019年9月6日(金) 1日研修 10:00~16:00(受付時間 9:30~)(終了)
プログラム
  • 1)教育訓練や技術伝承はなぜ必要か
  • 2)教育訓練は体系的に
  • 3)教育訓練を怠ると事故になる
  • 4)OJT/OFF-JTによる教育と問題点
  • 5)最近の事故に見る問題点

開催日程・会場

日程 会場
2019年 9月6日(金)

フォーラムミカサ エコ 8Fホール
〔東京都千代田区内神田1-18-12内神田東誠ビル〕
2019Fmap.PNG

※JR線 神田駅 西口より徒歩5分
 東京メトロ銀座線 神田駅 4番出口より徒歩5分
 東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A2・A4番出口より徒歩5分
 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B6番出口より徒歩6分、A4番出口より徒歩5分
 都営地下鉄新宿線 小川町駅 B6番出口より徒歩6分、A4番出口より徒歩5分


▲▲TOP(1日講義セミナー)へ戻る


 201902D4.png

概 要

事故や災害はなぜ起こるのかを知っていても、それで防げるわけではありません。設備の設計、安全性評価や変更管理など潜在しているリスクの管理が必要です。企業の研究所などでの特殊事例も含め、小さな災害から、設備火災などの大規模災害まで、幅広く事故防止の事例を扱い、防止のコツを学びます。中小事業者や、研究者の方にも参考になる内容です。 

こんな関心をお持ちの方にお薦め!2016_radderaccident.jpg

  • 事故防止に必要な日常管理のポイントを整理したい。
  • 変更管理をどのように行えば良いのか知りたい。
  • 見えない危険性を把握する感性を養いたい。 
  • 事故の未然防止のための管理を向上させたい。

プログラム

時 間

 1日研修 10:00~16:00(受付時間 9:30~)(終了)

プログラム
  • 1)設計管理
  • 2)安全性評価
  • 3)作業管理
  • 4)設備・工事管理
  • 5)変更管理

開催日程・会場

日程 会場
2019年 10月16日(水)

TKP神田駅前ビジネスセンターカンファレンスルーム5G(会場が変わりました。)
〔東京都千代田区鍛冶町2-2-1三井住友銀行神田駅前ビル5F〕
5map_sankankyo6ab.bmp

※JR神田駅南口または東口から徒歩2分(今川橋交差点方面)

▲▲TOP(1日講義セミナー)へ戻る

201902E4.png


概 要

研究開発、製造、工事、物流など、業務の種類に応じて起こる労災事例を取り上げ、防止のポイントを講義します。外注や委託など、協力会社との関係で注意すべき点も網羅します。

こんな関心をお持ちの方にお薦め!picture_anzenbenkara.jpg

  • 研究開発(上流)から、製造まで各種業務別における労災の典型事例の防止策を図りたい。
  • 工事、保全、充てん作業、物流、運送など、外注で行っている業務の労災事例を知り、協力会社の事故・労災を減らしたい。
  • 労災を、厚労省分類ではなく、現場の業種別に理解したい。
時 間  1日研修 10:00~16:00(受付時間 9:30~)
プログラム
  • 1)研究開発業務における労災事例とその防止
  • 2)製造業務における労災事例とその防止
  • 3)保全・工事作業における労災事例とその防止
  • 4)充填包装・物流・その他業務における労災事例とその防止
  • 5)まとめ

開催日程・会場

日程 会場
2019年 11月22日(金)

TKP神田駅前ビジネスセンターカンファレンスルーム5G(会場が変わりました。
〔東京都千代田区鍛冶町2-2-1三井住友銀行神田駅前ビル5F〕
5map_sankankyo6ab.bmp

※JR神田駅南口または東口から徒歩2分(今川橋交差点方面)

受 講 料

  一 般 会 員
受講料(10%税込)※ 25,259円 17,111円

※ 当協会(一般社団法人産業環境管理協会)の会員の方への優待価格となります。
※ 都合により日程や内容は一部変更/中止になる場合があります。
※ 消費税が改定された場合は、消費税率に応じて価格は変更になります。

申込方法

ウェブサイトから申し込む

btn_weborder_04.gif

パンフレットから申し込む

btn_panph_orderform.gif


2019PP01.PNG2019pp02.PNG

 

▲▲TOP(1日講義セミナー)へ戻る

問合せ先

一般社団法人産業環境管理協会 人材育成・出版センター
 電話:03-5209-7703(直通) FAX:03-5209-7717

ページの先頭へ戻る