【実務者向け 実践3】世界の事故事例とリスクアセスメント手法(FTA・ETA)

 
TOP_r02_s_jissen3_r01.png
  • s_3.jpg
  • s_1.png
  • s_4.png
  • s_5 .png

開催概要(2023年度)


これまでに世界では悲劇的な大事故が繰り返し起こってきました。『リスク』は顕在化しているのです。今回、世界の事故事例を教訓に『現実感』を養っていただくとともに、倫理的な側面から、『技術者倫理とは何か』についても考えていただきます。事故事例から『リスクの怖さ』を学んでいただいた後、定量的リスクアセスメント手法の定番であるFTAとETAを演習を通して習得していただきます。

《内容》 seminartext_s_jissen3.png
世界で実際に起きた事故事例から『リスクの怖さ』を学んでいただき、定量的リスクアセスメントの代表格である『FTAとETA』を習得していただきます。事故原因の分析や未然防止のためにFTAやETAの普及を検討されている安全管理担当、設計担当、設備管理担当、生産管理担当、現場管理担当の方にお勧めです。 

対象者

世界の事故事例を学びたい方
定量的リスクアセスメント手法(FTAとETA)を学びたい方、その他、安全管理担当、設計担当、設備管理担当、生産管理担当、現場管理担当の方

到達目標

世界の事故事例からリスクの怖さを知っていただきます。事故事例から技術者倫理を考えていただきます。リスクアセスメントの基本であるFTAとETAを習得していただきます。


プログラム/講師

オンラインセミナー 
時 間  13:30(開講)~17:00(終了予定)(受付開始:13:15~)
プログラム
   1 国内外の大事故
    ・インドボパール事故
    ・イタリア セベソ事故
    ・イギリス フリックスボロー事故
    ・米国 スペースシャトル チャレンジャー号の爆発事故
    ・メキシコ グアダラハラ事故
    ・米国 シティーコープセンタービルの設計変更
    ・その他の大事故
   2 FTA(Fault Tree Analysis)とETA(Event Tree Analysis)
          ・FTA・ETAを考えるための前提条件
    ・FTA樹形図の作成(安全弁の放出失敗を頂上事象として) 
    ・PFD(Probability of Failure on Demand)とは
    ・FTAの完成形とは(頂上事象の失敗確率の算定)
    ・ETAの実施(安全弁の失敗から大事故に至るまで)
    ・FTAとETAの本質的な違い
  ※一人様につき1端末での参加をお願いします。
講 師

 池田 和人(池田 和人技術士事務所 代表)
 ホーム | 池田和人技術士事務所 (kazuto-ikeda.com)

※最低実施人数に満たない場合、本セミナーは中止する場合があります。
※内容は変更する場合がございます。

開催日

 日程(Webex予定) 7月26日(水)(中止)
11月29日(水)(終了)
 受 講 料
  一 般 会 員※1
受講料(税込) 16,500円 13,200円

受講申込

インターネット申込み(決済方法:銀行振込/pay-easy決済)

H_apply_bottun.gif『開催スケジュール/会場について(インターネット申込)』はこちら 

パンフレット・FAX申込書

btn_panph_orderform.gif

関連セミナー・コンテンツ

2023seminar-bottom_rev07.png

ページの先頭へ戻る